Melonbooks DL

作品紹介

後藤和智事務所OffLine 同人 Webビューア

ファイル形式: PDFファイル  /  画像ファイル

R Maniax Advance――フリーの統計ソフト「R」をさらに使いこなす本

価格
600
ポイント
18pt

作品詳細

前著『R Maniax』では解説しきれなかったフリーソフト「R」のより高度な使い方を紹介。
グラフィックの応用、共分散構造分析、テキストマイニング、実験計画法などを解説しています。
またおまけとしてPython言語も少しだけ言及。
同人誌でデータサイエンスをやってみたい方に贈る統計同人誌です。

冊子版:2014年8月刊行(コミックマーケット86)

【目次】
まえがき

第1章 Rの導入・セットアップのおさらい
1.1 はじめに
1.2 Rをインストールする
1.3 パッケージをインストールする
1.4 関連ソフト
1.おまけ 統計学を楽しむためのおすすめ本・サイト

第2章 グラフィック
2.1 はじめに
2.2 plotコマンドなどによる基礎的なグラフィック
2.2.1 散布図に回帰直線を追加する
2.2.2 主成分分析・対応分析のプロット(バイプロット)
2.2.3 ヒートマップと三次元プロット
2.3 ggplot2パッケージによる高度なグラフィック
2.4 番外:カテゴリデータの順番を付け直す

第3章 Rで実験計画法
3.1 はじめに
3.2 直交計画
3.3 直交表の作り方
3.4 分析
3.4.1 分散分析
3.4.2 回帰分析・ロジスティック回帰分析
3.4.3 コンジョイント分析
3.5 簡単なプログラミングによる無作為な順番の作り方(案)
3.6 演習――「艦これ」の開発レシピを評価してみよう

第4章 lavaanパッケージで共分散構造分析
4.1 はじめに
4.2 そもそも共分散構造分析とは
4.3 lavaanパッケージとsemPlotパッケージによる共分散構造分析
4.4 演習
4.5 semパッケージとlavaanパッケージの違い

第5章 KH Coderでテキストマイニングを極める
5.1 はじめに
5.2 KH Coderとは
5.3 KH Coderのセットアップ
5.4 KH Coderによる分析
5.5 MeCab辞書のカスタマイズ

第6章 Pythonの基礎
6.1 はじめに
6.2 下準備
6.2.1 Python本体
6.2.2 setuptools
6.2.3 pip
6.2.4 IPython
6.3 Pythonのデータの扱い

この商品につけられたタグ